う蝕(むし歯)治療

感染歯質を除去、健全な歯をなるべく削らない処置が重要です。

むし歯は人々を悩ませてきた口の中の病気です。
医学的にはう蝕(齲蝕・うしょく)と呼ばれており、歯周病と並び歯科の二大疾患の一つです。
成り立ちとしては口腔内の細菌が糖質から作った酸によって、歯質が脱灰されて起こります。

う蝕は感染症であり、その予防は歯垢の除去と糖分摂取の管理によって発生を減少できます。

リスクを高めることが判明している糖類とは、米などに含まれるデンプンではなく、砂糖など単糖類・二糖類です。これらによって口腔内細菌群が酸を作り、歯が溶解させていきますが、

アルカリ性である唾液とその成分のカルシウムがそれを回復させる再石灰化が起こります。

しかし、この均衡が崩れると、もはや再石灰化できないう蝕となってしまいます。

虫歯の進行

※酸による脱灰はエナメル質、象牙質におよび、歯髄、骨に細菌感染が進みます。

近年、国際歯科連盟(FDI)によって、ミニマルインターベンション(最小限の歯科的治療の介入)が提唱され、今日の日本の診療ガイドラインでもこの概念が重要視されています。歯を削ることは歯を脆くさせてしまい、歯の寿命を縮めてしまうことになります。

そのため、感染歯質を除去、健全な歯をなるべく削らない処置が重要です。

患者様の大事な歯を守るために尽力させていただきます。

当院では、患者様本人・ご家族様にう蝕のある部分の確認を一緒に行い、ご自宅でなされているう蝕の予防法について再確認していきます。お体の状態や食生活によって、う蝕発生リスクが変化します。必要であれば唾液検査などの「う蝕発生リスク検査」も行う事が可能です。

不幸にもう蝕になってしまっている場合にはミニマルインターベンションの概念に基づいて歯の切削量を最小限に、さらに切削した部分を補修する処置での材料選びを患者様と一緒に行っていきます。

診療案内

img_03
zenbu640

水曜・祝日 休診

診療時間
9:30-12:30
※土・日曜:9:30-12:30
〇日曜日は隔週診療
- ●※ 〇※
14:00-18:30
※土・日曜:13:30-18:00
〇日曜日は隔週診療
- ●※ 〇※
診療時間
9:30-12:30
※土・日曜:
9:30-12:30
〇日曜日は隔週診療
- ●※ 〇※
14:00-18:30
※土・日曜:
13:30-18:00
〇日曜日は隔週診療
- ●※ 〇※

郡山みなみ歯科・口腔外科

〒963-0725
福島県郡山市田村町金屋冬室91-2
ヨークタウン金屋敷地内
(郡山市安積町からも便利です)